IT業界の基礎知識!!Web用語集 〜OS・GPU・CPU編〜

Web用語集#4

Web用語集第4弾です!!

これまでの記事はこちらからご覧ください!!

今回は、OS・GPU・CPUについて説明していきたいと思います!

今回はpcに関連する3つの用語を紹介していきます!

用語集
  • OS
  • GPU
  • CPU

ではレッツゴー!!

OS

OSは、

pcやスマホを管理してしてくれるものです!

Operating Systemの略でございます!

直訳すると、操作するためのシステムとなります!

パソコンはOSがないと何も出来ないただの鉄の塊になります!スマホも同様です!

それくらい重要な役割を担っているのがOSなんです!

キーボードで打った文字に正確に反応してくれるのも、マウスでクリックできるのも、アプリを使えるのもOSが中で色々な制御をしてくれているからなんです!

OSの種類

OSは1つではなくいくつもあります!

今回は皆さんの生活にも馴染みの深い4つのOSを紹介します!

代表的なOS
  • macOS
  • Windows OS
  • IOS
  • Android OS

macOS

こちらはMacに標準で搭載されるOSです!

MacbookとかiMacとかです!

特徴としては、デザイン系のソフトとの相性の良さ他Apple製品(iPhoneなど)との相性の良さなどが上げられます!

上記に加えて、フォントや色などのグラフィックがキレイなのでデザイン系の作業をする方に根強い人気を誇っているOSとなります!

Windows OS

こちらはマイクロソフトが開発したOSでございます!

世界のpcにおけるOSシェアは8割を超えています!

圧倒的ですよね!!

IT関連企業とかベンチャーとかMacを使っているイメージありますが、世界的に見るとわずかな数というわけなんですね!

特徴はシェア率からも分かる通り、対応しているソフトやゲームなどが多いpc自体のデザインが開発元のマイクロソフト以外からもWindows OSが搭載されたpcが発売されているので幅広いなどです!

よくpc自体を指してWindowsといいますが、厳密にはWindows OSが搭載されたpcのxxx(機種名、surfaceなど)なんです!

Windowsは発売されてからたくさんのバージョンがでているので、ご自身のpcのバージョンが何なのかというのは割と重要になってきます!

最新にすればいいんでしょ?と思う方多くいると思うんですけど、最新にすればいいってもんでもないんですね…

これは前述したmacOSでも言えることなんですけど、OSが最新になったということはアプリやソフトもそれに合わせて変更を加えないと動かなくなってしまうということが多々起こるんですね!

まあ基本的には最新出たらインストールするでいいんですけど、それで急に動かないアプリとかあっても慌てずにOSのバージョンアップが原因かなと判断して色々調べて見ると良いと思います!

きゃーー動かないんだけどーーー仕事できないよーーとか子供みたいに騒ぎ散らかす人いるんですけど、騒いだところで何も変わらないので落ち着いて行きましょう!w

iOS

こちらは大人気のiPhoneに搭載されているOSです!

macOSを携帯端末用に改造したものがiOSでございます!

MacbookとiPhoneが相性がいいのは搭載されているOSに関連性があるからなんですね!

同じ会社だから相性いいのが当たり前ではなく、iOSはmacOSをもとに作られたものだから相性が良いんだよねって友だちに言ったらおそらく嫌われるので理解しているくらいで留めておいてくださいね!

基本的な特徴もmacOSと同じでございます!!

Android OS

こちらはGoogleが携帯端末用に開発したOSでございます!

Windows OSと同様に、開発元のGoogle以外のメーカーもこのOSを搭載したスマホを開発することが可能でございます!

なのでiPhone以外のスマホはAndroidと言っても過言ではないのです!

OSの種類まとめ

なんとなくお気づきだと思いますが、Appleは自分たちの製品だけと限定していて、WindowsやAndroidは逆に自由な開発ができるように公開しているといった感じですね!

macOS・iOS
  • 自由度が低い
  • 対応ソフトが他と比べて少ない
  • OS自体の一貫性が高い
  • ハードウェアの品質管理がされている
Windows OS・Andoroid OS
  • 品質が一定ではない
  • 種類が多すぎて選ぶのが大変
  • 自由度が高い
  • 端末の価格帯やデザイン、機能などの幅が広い

CPU

CPUとは、

コンピュータの頭脳です!

Central Processing Unitといい、中央演算処理装置とも言います!

マウス、キーボード、ハードディスク、メモリー、周辺機器などからデータを受け取り、コンピューターでは 制御・演算を担当します!

CPUの性能がよければよいほど、コンピューターの頭が良いということなので、pcの処理速度も上がるというわけなんです!

CPUの性能を表すときによく使われるのが、

「クロック数」「コア数」「スレッド数」です!

ひとつずつ見ていきましょう!

クロック数

クロック数は周波数とも呼ばれ、CPUが処理を行う際に発する信号を扱う速さで、

「Hz(ヘルツ)」という単位で表されます!

この数値が高いと、同じ時間内により多くの処理を行うことができる、ということになります!

ちなみに、1Hz = 1秒間に1回の周波数、CPUでいうと1秒間に1回の処理ができるという意味になります!

2.4GHzと表記されていた場合は1秒間に24億回の処理ができるということになります!

コア数

コアとは、文字通り処理作業を行うCPUの中核となる部分です!

最近のCPUではマルチコアプロセッサーと呼ばれる1つのCPUの中に複数のコアが入っているものが主流となっています!

コア数 = 同時に処理できる数

なので、コア数が増えると頭脳が増えるようなイメージです!

2.4GHzでデュアルコア(コアが2つという意味)の場合は、

1秒間に24億 × 2で48億回の処理ができるという計算になります!

スレッド数

スレッド数とは、OS上で認識されるCPUの「コア数」のことです!

コア数とは別でなぜこの数値があるのかというと、

コア1つなんだけど擬似的に複数のコアとして扱う「同時マルチスレッディング技術」というものを現代の多くのCPUで採用しているのでこの数値が必要なんです!

6コア12スレッドとか書いてあったら、

実際搭載されているコアは6つだけど、OSでは12個と判断しているということです!

コア数が増えれば同時処理数が増えるので、このスレッド数は非常に重要な数値でございます!!

ちなみに

  1. 12コア12スレッド
  2. 6コア12スレッド

上記の1と2では1の方が処理能力は高いです!!

GPU

GPUとは、

画像描写専門の頭脳

です!

CPUはコンピューター全体の計算処理、GPUは3Dグラフィックスなどの画像描写に必要な計算処理を行っているというイメージです!

GPUが高機能なほど美しい映像がなめらかに表示されます!

なので、pcでゲームなどをやる人にとっては重要なポイントとなってきます!

近年ではその処理能力の高さからディープラーニングに使われることもあるんです!

GPUですが、たしかに重要な指標にもなりますしCPUが成熟したこともあり最近注目を集めてもいるのですが、

仕事用などであればそこまで気にしなくてもよいのかなと個人的には思っております!

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます!

今回はpcに関連する3つの用語を紹介させていただきました!

商品ページとか店頭にもこんなにすごいんですみたいな感じで今日上げた言葉が並んでるのを見たことある方も多いと思うのですが、

何のことやらって方も結構多かったのではないでしょうか?

この記事で少しでもpcの性能を表す言葉の意味が理解出来ていれば幸いです!

pcやスマホで出来ることは多岐にわたっていますので、ご自身の使い方に合ったベストな一台を購入してください!!

それではみなさん、素敵なWeb用語集ライフをお送りください〜!!