IT業界の基礎知識!!Web用語集 〜http・https・ftp・sftp編〜

Web用語集 #3

Web用語集第3弾です!!

これまでの記事はこちらからご覧ください!!

今回は、http・https・ftp・sftpについて説明していきたいと思います!

今回の4つは全て通信に関するワードでございます!!

インターネットを使う上で基礎となる知識ですので、しっかりと学んでいきましょう!!

説明の中で「通信プロトコル」という言葉がたくさんでてきます!

この言葉の意味は、通信するときの決まりごとだと思っていただければ良いです!

xxxをするときの通信プロトコルとあった場合は、

xxxするときに使用する通信の決まりごとみたいな感じです!

今回の用語集
  • http
  • https
  • ftp
  • sftp

ではレッツゴー!!

http

httpは、

Webページを構成するHTMLなどのコンテンツの送受信に用いられる通信プロトコル

です!!

正式名称はHyper Text Transfer Protocolと言います!

http://xxx.comみたいな感じで皆さんにも馴染みが深い用語だと思います!

URLの先頭についているhttpというのは通信プロトコルのことだったんですね!

このhttpによって、WebブラウザとWebサーバー感でファイルを送受信して画面に文字や画像を表示してくれているということです!

Webブラウザは第1弾で紹介していますのでそちらご覧ください!

WebサーバーはWebサイトに関する様々なファイルを保管してくれるものくらいのイメージで良いです!今後のWeb用語集で紹介する予定ですので!

後々、htmlやファイルの種類など紹介するときにもhttpという用語は出てくると思いますので概要をしっかり押さえておきましょう!

https

httpsとは、

暗号化されたhttp通信

です!!

正式名称は、Hyper Text Transfer Protocol Secureといいます!

httpsというのは通信プロトコルではなく、SSL/TLSプロトコルを用いて行われるhttp通信のことを指すんです!

SSL/TLSはセキュリティを強くしてくれるものくらいの認識で大丈夫です!!

セキュリティ対策がされているということ以外はhttpと同じです!!

ただこのセキュリティ対策というのが非常に重要な点です!!

http通信であると、通信が暗号化されていないつまりセキュリティ対策されていないので、丸裸の状態で通信されているということなんです!!

なので、どういうWEBページや画像、動画、ファイルを取得しているとかどんなリクエストを送っているかなどが丸わかりなんですね!

丸わかりということは大事なパスワードやクレジットカード情報も簡単に漏洩してしまうということなんです…

これの対策として、httpsがあるというわけなんです!

httpsでは通信内容は全て暗号化された状態でやり取りされるので、たとえ通信中の経路に侵入したとしても暗号化された謎の文字が並んでるだけなので安全だというわけです!

通信中の経路に侵入するような攻撃のことを「中間者攻撃(Man in the middle attack)」といいます!余裕があればこちらも覚えておいてください!

サイトを閲覧するときは、URLがhttpsになっていること、ブラウザのURL表示の横に鍵マークがついていることをしっかり確認してください!それがhttps通信しているという証明ですので!

鍵マーク

もちろん当ブログはhttps通信ですのでご安心ください!!

ftp

ftpは、

Webサーバーなどにファイルを転送するための通信プロトコル

です!!

正式名称は、File Transfer Protocolと言います!

名前から想像できる通りファイルを扱うための通信プロトコルです!

主には自分のPCから先程少し説明したWebサーバーなどのサーバーにファイルをアップロードしたり、サーバーからファイルをダウンロードしたりするときに使います!

このとき、

通信をする側のコンピューターのことを「ftpクライアント」

通信を受け入れる側のコンピューターのことを「ftpサーバ」

と呼びます!

自分のPCが「ftpクライアント」、通信先のサーバーが「ftpサーバ」というわけです!

このやり取りをするときに使用するソフトのことを「ftpソフト」と呼んだりします!

具体的にはWebサイトを公開するときなどに、作成したHTMLなどのファイルをサーバーにアップロードするとき、また更新するときに使用します!

ftpには1つ大きなデメリットがあります!

セキュリティが弱いことです!!

http通信同様、ファイルのデータが丸裸で通信されるので、悪意を持った第三者に侵入され情報が盗み取られたりデータが改竄されたりしてしまう危険性があるんです!

次の項目で、それを防いでくれる代表的な手段を紹介いたします!!

sftp

sftpとは、

暗号化されたftp通信

です!

そう、httpとhttpsの関係とほぼ同じです!!

正式名称は、SSH File Transfer Protocolといいます!

SSHというのは、他のコンピューターと通信を暗号化して行うことのできる通信プロトコルです!

ftp通信をSSHを使って行うことで、やり取りするファイルのデータを暗号化して改ざんや覗き見などが出来ないようにしているということなんです!

http通信、ftp通信ともにしっかりとセキュリティ対策がなされた通信で行ったほうが良いというわけなんですね!

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます!

今回はhttp・https・ftpについて書かせていただきました!

httpとhttpsに関しては見たことはあるって方も多かったのではないでしょうか!

記事内でも言いましたが、httpsになっていないサイトにアクセスするときは自分の情報が筒抜けになっていると思ってください!

ほんとにそれくらい危険ですので!!

httpにせよftpにせよ必ずセキュティ対策がされている通信を選びましょう!

現代のような情報社会では情報の漏洩は命取りになりますからね!!

それではみなさん、素敵なWeb用語集ライフをお送りください〜!!