IT業界の基礎知識!!Web用語集 〜ブラウザ・IPアドレス・ドメイン編〜

web用語集 #1

今回は、私自身エンジニアとして仕事をし始めた頃に全然意味が分からなかった言葉達を紹介していきたいと思います!!

何回かに分けて紹介していくので、ぜひ続けて見てください!

あの頃、流石に知っているよねみたいな雰囲気を感じて苦笑いしていたのが懐かしい思い出です!

紹介する中には、ちゃんと理解して使えていない人も多いと感じる言葉もありますので、

IT関連の仕事を始めた人やこれからする予定の人はもちろん、ちょっと自信ついてきたなという人も腕試しのつもりでご覧ください!!

一つ一つの話題に対して専門レベルの深堀りはしていませんので、専門的なことが知りたいという人はもっと詳しく説明している書籍や記事など読んでください!!

明日友達や会社の人に自慢気に説明できるレベルの内容になっておりますので、楽しんで学んで明日から自慢気に説明しちゃってください!

真面目なこと言うと、説明するとそれだけで知識としての吸収度大幅に上がりますのでぜひ自慢してくださいね!!

今回の用語集
  1. ブラウザ
  2. IPアドレス
  3. ドメイン

ではレッツゴー!!

ブラウザ

ブラウザとは、

WEBサイトを閲覧するために使うソフトのこと

です!

インターネットを使ったことある人だったら間違いなく何かしらのブラウザを使用していると思います!!

閲覧するという意味の英単語「browse」から来ている言葉でございます!

ブラウザの種類

ブラウザは1つではなく、種類がいくつかあります!

代表的なものを紹介すると、

  • Internet Explorer(IE)
    • マイクロソフト提供のブラウザ。
    • 色々なサービスがサポートの終了を予定している。
    • 提供元であるマイクロソフトからも他ブラウザへの移行が呼びかけられている。
  • Microsoft Edge
    • マイクロソフト提供のブラウザ。
    • 前述のInternet Explorerの後継ブラウザ
  • Google Chrome
    • Google提供のブラウザ。
    • ブラウザシェアランキング、国内、世界ともにトップ
  • Safari
    • Apple提供のブラウザ。
    • Apple製品の標準ブラウザ
  • Firefox
    • Mozilla提供のブラウザ。
    • 私のお気に入りブラウザ。
  • Opera
    • オペラ・ソフトウェア提供のブラウザ。
    • 正直使っている人見たことない。
    • 使っている人いたらごめんなさい。

結構ありますよね!!

ソフトなのでダウンロードしないと使用できないんですが、スマホやPCを購入したとき何もしなくてもインターネット使えますよね?

あれは購入時点でブラウザが入っているからなんですね!

Apple製品(iPhoneとかMacBookとか)にはSafari

Windows系の製品にはIEとかMicrosoft Edgeとか

が入っているんです!

元から入っているブラウザ以外を使いたい場合は、

「Google Chrome ダウンロード」みたいな感じで検索してダウンロードするって感じです!

ブラウザは、Webサイトを閲覧する以外にも

ブックマーク機能拡張機能を使ったカスタマイズなど、

たくさんの使い方があるのでみなさんも自分にとっての最高のブラウザを作っていってくださいね!

IPアドレス

IPアドレスとは、

スマホやPCなどのネットワーク上の機器に割り当てられるインターネット上の住所のようなもの

です!

XXX.XXX.XXX.XXXのような感じで0〜255の数字4組で表記されたりします!

198.51.100.1みたいな感じで表記されます!

いかにもインターネットぽいですね!w

お手持ちのスマホやPCで下記のサイトにアクセスするとIPアドレスを確認することが出来ます!

198.51.100.1みたいな数字の羅列が表示されましたか??

ちなみにXXX.XXX.XXX.XXXという振り分けは、IPv4という規格なんです!

IPアドレスにはIPv4とIPv6という2つの規格、簡単に言うと振り分け方があるんです!

IPv4とIPv6

IPv4とIPv6とは何者なのか見ていきましょう!!

IPv4とIPv6とは

IPアドレスの振り分け方は、IPv4とIPv6の2種類ある!

  • IPv4は、
    • XXX.XXX.XXX.XXXような感じで、0〜255の数字4組で表記
    • 約43億個のIPアドレスが使用可能
    • 急速なインターネット利用者・利用機器の増加で近い将来不足することが予想されている

IPv4じゃ足りない!!助けてーー!!ってなって誕生したのがIPv6!!

  • IPv6は、
    • 2001:0db8:bd05:01d2:288a:1fc0:0001:10eeのように表される
    • 340兆の1兆倍の1兆倍個のIPアドレスが使用可能
    • ほぼ無制限にIPアドレスが使用できる

なんとなく概要つかめました??

簡単に言うと

昔からあるのがIPv4で、次世代がIPv6です!!

固定IPアドレスと動的IPアドレス

では続いて、固定IPアドレスと動的IPアドレスについて説明します!

こちらはとっても簡単な上に知っておかないと恥かくかもっていうやつですので、しっかり読んでくださいね!

固定IPアドレスと動的IPアドレス

概要

  • IPアドレスには固定IPアドレスと動的IPアドレスという2種類の異なる設定がある
  • その違いはシンプルで、IPアドレスが変わるか変わらないか
  • 自宅で使うWi-Fiや公衆Wi-Fiの多くが動的IPアドレスを使用している
  • 逆に会社で使用しているWi-Fiは固定IPアドレスを使用していることが多くある

ここまでが概要です!!

ここからは、なぜ会社では固定IPアドレスを使用していることが多いのか見ていきましょう!!

なぜ会社では固定IPアドレスを使うことが多いのか

  • 結論を言うと、セキュリティ対策です!
  • 例えば、会社で使用しているWi-FiのIPアドレスが、198.51.100.101で固定だったとします!
  • この場合、会社のWi−Fiでネットを繋げていれば誰がいつ繋げてもIPは198.51.100.101ですよね?
  • ということは、
  • 198.51.100.101というIPアドレスで接続しているということが、社内の人間もしくは社内Wi-Fiの使用を許可された人間だという証明になりませんか?
  • これを利用して、
  • 社内システムなど社内の人間以外が見れてはいけないシステムのセキュリティ対策にするんです!
  • 社内システムの設定で198.51.100.101というIPアドレスからの接続のみ許可するみたいな感じです!
  • これが動的IPアドレスだった場合、IPアドレスがいつどんな数値に変わったのかを常に見て、その度に設定変更しないといけないですよね?
  • なので会社のWi-Fiは固定IPアドレスであることが多いんです!

まとめると、

固定IPアドレスは機器や人間を特定することができるので、それが社内システムなどのセキュリティ対策の1つになっている!です!!

こちらでIPアドレスについては以上です!!

IPアドレスはいかにもインターネットって感じで取っつきやすくはないんですけど、知っておいて損はないですので、しっかり理解して自慢してください!!

ドメイン

ドメインとは、

インターネット上の住所のようなもの

です!

IPアドレスと密接に関わっています!

IPアドレスは住所で言うと緯度経度ドメインは私達が普段使用しているxx県xx市xx町みたいなやつです!

ここで重要なのは緯度経度で表そうが、xx県xx市xx町で表そうが示している場所は一緒!つまりIPアドレスとドメインは紐付いているということなんです!!

私のブログでいうと、

ドメインは、katsudiary.comです!

先頭についているwwwはドメインでないのでご注意ください!

www.google.comとかwww.yahoo.co.jpwww.以降がドメイン名です!

wwwはホスト名と呼ばれるもので、住所で例えると建物名までがドメイン名で、部屋番号がホスト名というイメージです!

ドメインの分割

ドメインは 「.」 で分割されます!

.」で分割したときに、一番右側に来るものをトップレベルドメインと呼び、

そこから左に行くにつれてセカンドレベル、サードレベルと数字があがっていきます!

トップレベルドメインはドメインの特徴を表すとても重要なものなんです!

例えば、

comは、企業や商用サービスに多く使われるドメイン、

jpは、国コードトップレベルドメインと呼ばれる基本的には日本に在住していないと取得できない

などです!

katsudiary.com

トップレベルドメインはcom

セカンドレベルドメインはkatsudiary

ということです!

独自ドメインとサブドメイン

ドメインには、独自ドメインとサブドメインという2種類のタイプがあります!

簡単に言うと、独自は親でサブは子という感じでしょうか!

まずは下の画像をご覧ください!

独自ドメインとサブドメインの関係図

サブドメインは独自ドメインから派生する形で設定されていますね!

サブドメインの注目点は、後半部分は独自ドメインで設定されているドメインが使用されているという点です!

名字は引き継ぎ、名前は各々別のものをつけているというイメージです!

このサブドメインどんなときに使うのかと言うと、複数のサービスを展開したいときなどです!

例えば、Yahooだと

  • Yahoo!JAPAN : https://www.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!ショッピング : https://shopping.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!プレミアム : https://premium.yahoo.co.jp/
  • ヤフオク : https://auctions.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!ニュース : https://news.yahoo.co.jp/

親であるYahoo!JAPANのサブドメインという形で色々なサービスを展開してますね!

独自ドメインはいちいち取得しないといけないのですが、サブドメインは独自ドメインさえあれば設定できるのでそういう面でも便利なんですね!

ドメインの取得

前の章でも最後にちょろっと出ましたが、

ドメインは勝手につけたり設定できたりするものではないんです!

ドメインはIPアドレス同様、同名で設定することは出来ないんです!

なので、専門業者から購入しなくてはならないんです!

ドメインってお金かかるんです!!

でもこれは独自ドメインを取得したい場合の話です!

ちょっとややこしくなってきましたねー

前の章で説明したとおり、サブドメインは独自ドメインから派生する形で作られている、つまりは独自ドメインさえあれば勝手に作れるんです!

サブドメインの利用方法例

私が、だれでもホームページが作れますみたいなサービスを公開していたとします!

ここでターゲットになる人の中には、コーディングやプログラミングなどWebの知識はほとんどないけどホームページを作りたいって人たちもいますよね!

その方たちが実際にサービスを使ってホームページ作れたとします!

次の行動はネット上でホームページを公開することですよね?

だけどWebの知識がほとんどないのに、自分でドメインを取ってこいというのは流石に厳しいですよね?

ここで私が独自ドメインを1つ持っていれば、

利用者の方に好きな名前つけてくださいと言って、その名前でサブドメインを発行すれば公開することが出来ますね!

もちろんサブドメイン同士も被ってはいけないので、

そこは利用者側で調整する必要がありますが、自分でドメイン取ってきてその後の設定まですることを考えたら断然楽ですよね!!

なんとなく独自ドメインのみ購入するという意味わかりましたか?

サブドメインは独自ドメインがあれば作れる

独自ドメインは専門業者から購入する必要がある

ということです!

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます!

今回はブラウザ・IPアドレス・ドメインについて書かせていただきました!!

意味はわかっていた人も、初めて知ることあったのではないでしょうか?

始めたての頃は特に、言葉の意味が分からなくて置いていかれてしまうということも少なくないですよね!

そこで逐一聞ければいいのですが、今回紹介したような言葉って基礎知識だったりもするのでなかなか聞きづらいんですよね!

しかも基礎知識であるがゆえになんとなくあれでしょ?みたいな感じで終わっちゃう人も多いと思うんです!

基礎だからこそ深く知る必要があると思うので、この記事をきっかけにより深く調べてみてください!

それではみなさん、素敵なWeb用語集ライフをお送りください〜!!