未経験エンジニア最強!!~未経験ならではの強みとは?~

未経験エンジニアの強み

皆さん未経験エンジニアやってますかー!

言われなくてもやってるよって感じですよね!w

今回は、未経験エンジニアの武器を紹介したいと思います!!

では、レッツゴー!!

未経験ならではの武器とは!?

いきなり結論から行っちゃいます!!

ユーザーの分からないを理解できること!!

です!!

言葉にするとなんかしょぼいな…

まあちょっとしょぼく見えるんですけど、これめちゃくちゃ武器ですからね!!

しかもシニアエンジニアの方ほどこれを持っていないですからね!!

ということは、自分だけの地位を獲得できるということですね!!

では詳しく見ていきましょう!!

ユーザーの分からない

そもそもユーザーの分からないって抽象的過ぎてわかんねぇーよ!!って感じですよね

ごめんってそんな怒んないでよって筆者は言っております。

話を戻して、ユーザーの分からないとは、

何が分からないのかは分からないけど、とにかく複雑で使いにくい!!もう嫌だー!!ってなるやつのことです!

私も以前はpc全く触りたくない派の人間だったので、もう嫌だー!!こんなんなら使わなくていいわ!!ボケ!!ってことがたくさんありました。

そのおかげでタイピングは人差し指打、エクセルって美味しいの?状態の時代遅れ人間が出来上がっていました..

自分でもできない理由が分からないけど、とにかく難しくてできないんだよー!っていう気持ちを理解できる能力武器になるってことなんです!!

未経験ってことは自身でも少なからずこういう経験をしているはずなんです!

しかもその記憶がまだ最近のもののハズなんです!

だからこそ未経験の武器になるんです!!

できない人がほとんど!?

自分を正当化するわけではないんですけど、特に一般公開型のwebサービスやホームページ(つまりB to Cってやつ)の利用者の過半数は以前の私みたいな方々だったりするんですよね!

まあ私はひどすぎるのであれですが、とにかくエンジニア視点から見るとpc操作が苦手な人がほとんどなんですよ!

その人達が悪いとか言いたいのではなくて、そっちの方がマジョリティだということなんです!!

エンジニアなんかねほんとキモキモ集団ですよ!こんな便利な時代にさらに便利なもの作ろうとかそのためにpcを自分の意図したとおりに動かしてやろうとかどう考えても変態でしょ!!(言い過ぎました私もその一員なのでお許しください)

とにかくこのできない人がほとんどと言うことを理解することが大事だと思うんですよね!

ここでは全員が使えるようなサービスは作る必要ないとか、妥協も必要だとかビジネスアイディアの議論がしたいのではなくて、未経験エンジニアが貢献するための武器の話だということをここで改めて言っておきます!

実践編

これをじゃあ一体どうやって上司に伝えたり、チーム内に意見として上げたりすればよいのでしょうか?

私の場合は、以前のpc大嫌い状態なら自分で使ってみてそこで分かりづらいところとか操作が難しいところを書き出して意見としてあげるでよかったんですが、

エンジニアになった時点でもう変態になってるんですよね!(しつこいですねw)

いや、私はまだ初心者だから全然苦手な部類です!!っていう方もいると思うのですが、正直エンジニアになろうとかIT企業に勤めようと思った時点でもう正常な判断はできないと思ってください!

正常な判断つまりテストはできないけど、気持ちを理解することはできますよね!

ここで登場するのが、最強の助っ人ママです!!

ママじゃなくてもパパでもバーバでもジージでも近所の気のいいおば様でも誰でもいいです!

とにかく身の回りのpc苦手な人を探しまくるんです!!

で、その人に使ってもらうんです!

このときできれば操作している姿をよーく見ていてください!その人からもらう感想からでは分からなかった微妙な操作感などが見えてきますので!!

私自身はママに助っ人になってもらうこともありましたが、

流石に社内プロジェクトとかだと社外に漏らすわけにも行かないので、

システムと関係の薄い部署のインターン生とか捕まえてこれ使ってみてって言って密かに情報収集してましたw

pc苦手な人なんか周りにはいないって人は

テストしてもらうシステムの予備知識が限りなく0に近くて、できるだけエンジニアとは遠い仕事をしている人などを見つけて試してもらってください!

注意点は誰に頼んだとしても頼んだ方の時間を奪うことになるのである程度システムとして動く状態にして持っていってくださいね!

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます!

今回は未経験エンジニアのもつ武器についてお話しました!

実際、上司やチームに対して意見するのは勇気いると思うんです!

すごい論理的なことしか言わない人とか知識の化け物みたいな人とかいると、

自分の意見なんてもうあの人はどうせ考えてるんだろうし、否定されるのも嫌だからそっとしておこう…

とか思いますよね!

でも、難しいことは分からないし、速度がどうとか仕組み的にどうとかそんなのは分からないけど、使いにくいと感じているユーザーもいることだけは確かです!!

みたいな感じのことは言えますよね!!

実際、意見として通るか通らないかはそんな大事じゃなくて、意見すると決めてその準備をすることの方が大事なんです!

使いにくいと感じるユーザーがいます!だけだと、それで?ってなるので

ここをこんな感じにしたら使いやすいと思います!とか改善案まで考えることが大事なんです!

気づけばこの改善案が

ここをこんな感じにしたらいいと思います!こんな感じにするためにはここの関数をすこしいじれば実装できると思います!大体3hくらいで実装できるかなと思います!セキュリティや表示速度の影響もほとんどないと考えてます!

みたいにチームにとっても魅力的なモノになっていると思います!!

そうなると考えるのも楽しいですし、チームにとっても欠かせない人材になっているはずです!!

今まではこうしたらいいと思います!とだけしか言えなかったのが、

ユーザーの操作感を調査して、それをもとに設計して、提案して、自分で作る!

いいですねー!!

その頃にはもう未経験ではなく、本物の変態の仲間入りです!!(ドヤッ)

それではみなさん、素敵な未経験エンジニアライフをお送りください〜!!